生体機能の無限の可能性を引き出す
バイオデバイス開発

生物の機能を活用した
新しいバイオデバイスの開発

広島大学 舟橋研究室

⽣命を維持するために進化してきた生物を構成する⽣体材料は、多くの機能を持っています。⾈橋研究室では、⽣体材料のさらなる可能性を引き出し、新しい活躍の場を与えることによって、本来の機能を超えて有効活用していく“Super Biotechnology(スーパーバイオテクノロジー)”の考え方に則って、世の中にない新しいバイオデバイスの開発に挑戦しています。
例えば、DNAやRNA等の核酸、タンパク質、⽣細胞などの⽣体材料を⽤い、これまでの発想にとらわれない⼤胆な組み合わせによって、⽣体材料同⼠の機能連携・協調を図り、自然界には存在しない新しい機能をもったバイオデバイスの開発を試みています。

広島大学 舟橋研究室

我々の挑戦は、⽣体材料同⼠のみの機能連携・協調にとどまりません。電気化学などの他分野における科学技術との機能連携・協調を積極的に開拓しています。
このような異分野との融合によって実現する新しいバイオデバイス作製技術の開発を通じて、バイオデバイスの新しい可能性を開拓していきたいと考えています。

ニュース

お知らせ

メンバー情報、研究業績情報を追加しました。

新メンバーの情報を追加しました。 メンバーのページへ 新4年生は新しいことをどんどん吸収しています! 研究業績情報(発表論文、コラム、学会発表)を追加しました。 研究業績のページへ...
お知らせ

新メンバー加入!

新学期が始まり、舟橋研のメンバーに4年生2名が加わりました。これからの活躍が期待されます!
お知らせ

学会発表

修士1年 村井優祐さんが、電気化学会 第88回大会 シンポジウム 「生命科学と電気化学」にて口頭発表を行いました(オンライン開催)。会場から貴重なご意見をいただきました。今後の展開の参考にさせていただ...
お知らせ

サイトリニューアル!

研究室のサイトをリニューアルしました! メンバー募集のページには、当研究室の教育研究に対する考え方も記事にしてあります。舟橋研究室で研究をしてみたい!という方(特に配属希望の学生の方)はぜひ参考にし...
お知らせ

改組による所属変更のお知らせ

広島大学大学院先端物質科学研究科から広島大学大学院統合生命科学研究科への改組にともない、所属が変更となりました。